オガライトで焚き火はできるの?薪とオガライトどっちが良い?などの疑問にお答え

こんにちは、Dicekです。みなさん焚き火の燃料は何をご使用していますか?
僕は、オガライトでいつも焚き火をしています。

ただし、オガライトが何かよくわからないって方も中にはいらっしゃるかもしれません。

例えば、こんなお悩み。。。
「オガライトで焚き火ができるか知りたい」
「熾火になってから、どれぐらい燃焼するか知りたい」
「焚き火の時間を教えて欲しい」
「薪ストーブとしての燃料はどうなのか」

そこで、オガライトをキャンプ場の営業などでも販売している私がオガライトで焚き火をするメリットについてご紹介していきます。

今回ご紹介するオガライト
TFSオガライト 薪の代わりにどうぞ




結論、オガライトでの焚き火はおすすめです

オガライトは、薪のデメリットを全て解決してくれます。

⇨焚き火の燃焼時間が薪と同じぐらい長い
⇨湿気で火付けに左右されない
⇨嫌な匂いや煙がほぼ出ない
⇨パチパチとした火の粉がつかない
⇨長時間BBQや鉄板での調理ができる
⇨天然の木ではないので、虫が湧かない

焚き火をメインでしたい方は、是非オガライトを使用してみてください。以下では、メリットについて解説しています。

⇨焚き火の燃焼時間が薪と同じぐらい長い

薪の燃焼時間が、燃焼時間を検証してみました。もちろん薪も商品によりますが、大体熾火になるまで30分〜1時間ぐらい燃焼します。

こちらの動画は、こちらのオガライトを燃焼した動画になりますが、45分〜1時間ぐらいは燃焼していました。

⇨湿気で火付けに左右されない

湿気で火付けに左右されません。薪は、管理により湿気などで火付けがしにくくなる場合があります。オガライトは、管理がとても楽で火付けが湿気に左右されません。なので、水などで濡らさない限りは簡単に火付けができるようになります。

⇨嫌な匂いや煙がほぼ出ない

これは、オガライトのおが屑によりますが、弊社のオガライトは匂いがありません。煙は、最初の一瞬だけで、後からは徐々に煙が消えていきます。

煙や匂いがほぼ出ないので、焚き火で車に匂いがついたり煙臭がついたりするのが減ってくるでしょう。

TFSオガライト 薪の代わりにどうぞ

⇨パチパチとした火の粉がつかない

アマゾンレビューリンク:https://amzn.to/3yn9lXx

こちらのamazonのレビューでも書いていますが、パチパチしないのがオガライトの特徴です。爆ぜることが基本ないので、安全に焚き火ができます。テントやタープに穴をなるべく開けたくないという方にもかなりおすすめの商品です。

爆跳に関しては、こちらのブログも読んでみてください。

1発で食材が台無しになってしまう爆跳(ばくちょう)とは?

⇨焚き火の後に長時間BBQができる

多くのキャンパーが焚き火&BBQを兼用でする方が多く、焚き火の後に残る熾火でお肉を焼いたりするかと思います。

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル ステンレスグリル

こういった、焚き火とBBQを兼用で組み合わせた商品なども販売されています。オガライトは、元々炭になる原料なので、長い燃焼時間(2時間ほど)燃え続けます。なので、焚き火の後BBQを楽しみたい方はぜひオガライトを試してみてください。

⇨天然の木ではないので、虫が湧かない


薪で焚き火をするデメリットは、家に置いておくと虫が湧くということでしょう。薪は、オガライトみたいに加熱して加工しているわけではないので、木の中にカミキリムシやカメムシの卵がある場合があります。

オガライトは、熱でおが屑を加工し圧縮していますので、虫がいることはほぼほぼ無いと思って頂いて大丈夫です。

薪ストーブとしての燃料はどうなのか?

薪ストーブに関しては、あまりおすすめではありません。今ご紹介しているオガライトの原料は、針葉樹の松を使用しているためです。ただし、私自身薪ストーブを使用したことが無いので何とも言えません。

松の薪は一般的に、
・燃焼温度が高いためストーブを傷める可能性がある
・煤(すす)やタールが煙突に溜まりやすいので多くのメンテナンスが必要

煙突は、すすが溜まると火災の原因になると言われています。なので、すすが溜まりにくい薪を使用するとメンテナンスの回数が自ずと減るらしいです。

なので、広葉樹の木とミックスしながら使用すると良いかもしれないですね。もし、知っている方がいらっしゃったら教えていただけると嬉しいです。

オガライトでの焚き火まとめ

 
オガライトの焚き火ができるかどうかについてまとめました。是非とも、参考にしていただけると幸いです。

TFSオガライト 薪の代わりにどうぞ




Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ