炭火珈琲とは?実際に、炭火で焙煎してみた

こんにちは、Dicekです。

みなさん、炭火珈琲ってご存知でしょうか?文字通り、炭火で焙煎した珈琲です。

今回は、炭火コーヒーをご紹介しながら、実際に焙煎してみた様子をご紹介致します。




炭火珈琲とは?


炭火珈琲は、炭火で焙煎したコーヒーです。基本は、効率が良いのでガスで焙煎するのですが、炭火の方がおいしいとされています。

なぜ、ガスではなく炭火で焙煎するのか?

炭火で焙煎すると、ムラなく芯までコーヒーに熱が伝わります。これは、炭火特有の遠赤外線による物で、お肉などにも同様の効果があります。

ムラなく芯まで伝わった珈琲は香りがよくコクが出ると言われています。

炭火焙煎を実際にやってみた

焙煎は素人ですが、実際に焙煎をやってみました。




今回、用意したもの

今回は、
・パスタ用の水切り器
・tab.缶ストーブ
・備長炭&オガ炭
・生豆
を用意してみました。あるものを集めたって感じです。笑

取引先のお客さんで、備長炭とオガ炭を使っていると言っていたお客さんがいたので、今回は混ぜて使ってみます。

まずは、火起こし

まずは、炭を着火させます。どれくらい必要か分からなかったので、一応これぐらい火を起こします。

次に、生豆を水切り器にいれる


次は、水切りに生豆を入れます。大体、70gちょいぐらい今回は焙煎してみました。

今回使用した豆です。珈琲屋さんに「本当に生豆で大丈夫?」と3回聞かれました。笑

ビールもお忘れなく




炭火焙煎をしてみる

こんな感じで、tab.缶ストーブの上に置いて炭火焙煎をしてみました。

均一に焙煎ができないので、トングで、混ぜています。

火が通ってきたら、ポップコーンみたいに、パチパチとなります。2回目のパチパチが聞こえたら、完成だそうです。

「火力が強かったのか?」5分ぐらいで、黒くなりました。ちょっと火が強すぎたみたいです。

素人なので、ムラがありますが、炭を焙煎する事が出来ました。

下の画像は、火力を落としてミディアムローストにしてみました。

実際に出来上がった炭火珈琲

出来上がった炭火珈琲です。素人ですが、フルーティでフレッシュだったので結構美味しかったですよ。

炭火珈琲まとめ

炭火でコーヒーを実際に焙煎してみました。素人ですが、結構うまく行ったと思います。

気になる方は、是非試してみてくださいね。




Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ