備長炭の長さ・太さ・形ってわかりづらい?丸や切割の違いや種類を全て説明します。

備長炭は、丸、切割、荒割などいろいろな種類があり、分かりにくい。炭屋によっても、微妙な違いがあり、営業担当の方と話さないと理解するまでに時間がかかります。

そこで今回は、炭を選ぶのにかかる時間を短縮してもらうために、炭屋が解説する炭の種類や違いをご紹介いたします。備長炭の大きさの早見表もシェアしていますので、是非ご参考ください。

備長炭の長さの見分け方は一番初めの文字に注目

切割、荒割、上割があるとしましょう。

切割商品ページ

荒割商品ページ

上割商品ページ

切割の(切)は備長炭の中でも、長さが中くらいのサイズになります。荒割の(荒)は備長炭の中でも、比較的短い商品です。上割の(上)は備長炭の中でも、長さが長いサイズになります。

長さのイメージとしては、
荒⇒短い
切⇒普通ぐらい
上⇒長い
といった感じです。焼き台によって、短いサイズが欲しい、長いサイズが欲しいといってお店によってバラバラなので、短い、普通、長いの3種類をご用意しています。

丸と割の違いは割れているかどうか!

荒丸と切割があるとしましょう。

切割の(切)は備長炭の中でも、長さが中くらいのサイズになります。切割の(割)は製造の過程で切ったり、割れたものを厳選しています。薪割りを想像してもらえるとわかりやすいかと思います。巻きで割った木を炭にして、さらに荒、切、上と分けていきます。

荒丸の(荒)は、備長炭の中でも、長さが短いサイズになります。荒丸の(丸)は、炭が割れたり、切ったものではなく、丸いものを厳選しています。形がきれいなので、丸で焼くとお客さんに喜ばれますよ。

太さは、最後の文字で見極めてください!

切割小と、切割大があるとします。

切割小の商品ページ

切割大の商品ページ

切割小のほうは、太さが細いタイプで、切割大のほうは、太いサイズになります。太いサイズのほうは、火付きしにくいですが、1回付けば1日中使えるタイプとなります。細いタイプのほうは、火付きがしやすいですが、細いので早く消えてしまいます。

どちらを選ぶかは、店舗様の焼き台によって違うので、用途に合わせてお選びください。

備長炭種類&長さ早見表(ブックマーク推薦)

ここでは、備長炭の種類&長さの早見表をご紹介しています。グーグルなどで検索しても出てこない事があるので、このページをブックマークしておく事をオススメします。

丸物のご紹介

割れ物のご紹介

備長炭のご購入の際に、是非使ってくださいね。

特割は、特価商品でいろいろな炭をミックスした商品!

特割は、切割小と荒割小をミックスした商品となります。ミックス品なので、比較的他の商品よりも安くご購入いただけます。備長炭は、どうしてもオガ炭に比べると高価なので、特割などを購入してもらうことで、経費を削減して貰っています。

お店にピッタリの商品を見つけたい時は?

いかがでしたでしょうか?お店によって、どの備長炭を使うかそれぞれ違います。もちろん、太く大きい使うお店もあれば、オガ炭見たいな炭を使うお店もあります。炭について気になる方(飲食店様)は、070-1783-4267までお電話してください。

営業担当の方が、ご丁寧に説明させて頂きます。

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ