バーベキューで煙を出るのを防ぐ方法?煙が出る理由を解説

こんにちは、Dicekです。
「七輪から煙出て、バーベキューできない」と思ったことありますか?

七輪から煙が出る原因は、煙対策を正しい順番で行っていないからかもしれません。
七輪やオガ炭から出る煙を防ぐには、以下の3ステップを実行することが重要です。

ステップ1:オガ炭を使用する
ステップ2:着火剤を使わない
ステップ3:油が多いお肉を使用しないです。

この手順で対策を完璧にしておけば、バーベキューからの煙がかなり減ります。今回は、炭の営業担当のDicekが煙が出ない方法を解説します。

オガ炭からは煙は基本でない


オガ炭(特に弊社で販売する炭)からは、煙は基本出ません。主に、レストラン用に使用されているので、匂いや煙が出たら使用できないためです。

マングローブなどの安い炭を使用すると、臭い匂いが充満します。

BBQオガ炭 5kg 900円

煙の原因は油


煙の原因は油です。お肉の油が七輪についていたりすると、オガ炭を使用しても煙が充満することがよくあります。

七輪に水洗いは厳禁なので、七輪を洗うことはおすすめしません。ですが、tab.缶ストーブなど油が洗えるような商品を買い、洗うようにすると割と出にくいかもしれません。

tab.ストーブ

アパートで七輪は厳禁?


アパートでの七輪は厳禁です。万が一火事が起こると大変なことになりますし、煙が上がるので絶対にNGです。

煙を避けるには、4つ対策があります

・バーベキューが使用できる場所に行く
・換気扇の下で七輪を焼く
・着火剤を使わない
・使い捨ての焼き網を使用する

・バーベキューできる場所に行く

これは、もっとも安全で、誰にも嫌がられない方法です。公園や河川でも、BBQできる場所があると思いますので、BBQに適した場所を探しましょう。

バーベキューが可能な公園を探してください。

・換気扇の下で七輪を焼く

換気扇の下で七輪を焼くのも1つの方法です。窓を閉めた方が良いというブログを発見しましたが、危険なので絶対に外の空気は入るようにしてください。

炭と七輪は高温で焼くと、有毒の一酸化炭素が出ます。なので、換気は必ずするようにしてください。

・着火剤を使わない


IHではなく、ガスのコンロがある家庭はガスで火起こしをすると煙が出にくくなります。

コンロ用の火起こし器

着火剤によっては、かなり煙が出るものもありますので、気をつけてご使用ください。

・使い捨ての焼き網を使用する

焼き網を何度も使用すると、油が網にこびりつきます。網にこびりついた油を落とさないと、煙が上がる原因になります。

使い捨ての焼き網は、10枚で250円程度と安いものが多いのでそちらをご購入ください。

使い捨て焼き網10枚 250円

・油が多い肉を焼かない

鶏肉でも、皮の部分を取ってやると割と油が出にくくなります。牛肉でも、赤身などを焼くと良いかもしれませんね。

煙が出ない方法まとめ

煙が出ない方法をまとめました。基本は、バーベキューできる場所に行くか、換気扇の下で七輪を使用するとご近所さんに迷惑がかからずにBBQできるようになります。

安全も考えながら、バーベキューをするようにしてください。

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ