紀州備長炭の材料って?他との備長炭の違いをご説明いたします。

備長炭の材料とは?


出典:https://sunchi.jp/sunchilist/wakayama/87509
備長炭の材料は、ウバメカシの木やカシ類を材料として使用しているのが備長炭だと言われています。

起源が江戸時代で、備中屋長左衛門が出荷した木炭がなので、備長炭と呼ばれています。

ですが、基本的には決まった備長炭の定義はありません。お店によっては、備長炭の製造方法で製造したオガ炭をオガ炭備長炭と名乗る会社もあります。

決まった定義がないので、他の備長炭と区別するために商標登録までされたのが紀州備長炭です。

なので、「ウバメカシを材料としている炭がほしい」という方は紀州備長炭を購入しましょう。紀州備長炭には、和歌山県木炭協同組合が配っている紀州備長炭証が貼られているはずです。

出典:http://7rinhonpo.jp/archives/52167233.html

紀州備長炭を使うメリット

最高級と言われるブランド備長炭なので、お店で使っていると言えば知っている方には最高のセールスポイントとなります。

美味しさにこだわり抜く高級レストランは、紀州備長炭を使う使用しています。

どの炭よりも、火力が強く火持ちが良いのが紀州備長炭を使うメリットになります。

紀州備長炭を使うデメリット

紀州備長炭は物が良いですが、かなり高額なので、高級レストランでなければ持続して商売をすることはほぼ不可能でしょう。

紀州備長炭を扱っている炭屋は1kg、1000円以上で販売しているところがほとんどです。(ラオス産は半分以下の価格です)

さらに、「火付きが悪く」、「爆ぜる」ため、プロでないアルバイトなどが使うのには、難しいでしょう。なので、本当のプロの料理人が料理にこだわって使用するには最適の炭です。

飲食店で燃料として使うべきオススメ炭


オガ炭は、紀州備長炭ほどまでにはいきませんが、備長炭に近い火力と火持ちを持つと言われています。

さらに、火付けが備長炭よりも圧倒的にしやすいので、研修を1~2回すればアルバイトの方でも付けれるようになるでしょう。

さらに、爆跳(ばくちょう)がまずしないので、ファミリータイプの焼肉店様でもご使用になれます。特に、うちで取り扱っている商品は飲食店様の事を考えに考え抜いた商品です。

中国産の松葉備長炭であれば、1kg、だいたい150円程度です。紀州備長炭よりも約10倍の安価で販売しています。

場所によっては、配送料が安くなるところがありますので、是非とも営業担当070-1783-4267のほうにご連絡ください。営業担当のほうより、無料でサンプルをお送りさせて頂きます。

こちらのブログで、紀州備長炭の製造方法がご紹介されていましたので、もっと気になる方は読んでみてくださいね。
紀州備長炭ブログ

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ