オガ炭の穴あるタイプと穴なしのタイプどちらが良い?

「オガ炭の穴あるタイプと穴なしのタイプどちらが良いのか」疑問に思ったことはありませんか?

この違いを知っていることは重要で、より良い炭を使用できるようになります。

さらに、今後営業マンからの電話が来た時に、有利に交渉を進めれるようになります。
「穴あきは~だから安くしてほしい」
「穴なしは~だから~だよ」
みたいな感じで、交渉がうまくいくようになります。今回は、実際に両方とも販売した実績をもとに穴あり、穴なしオガ炭のデメリット&メリットをご紹介していきます。

穴なしオガ炭を選ぶメリット


出典:http://www.sumi18.co.jp/item/250101/?FC=02

弊社比較によるものです。

▶︎穴なしオガ炭のほうが持ちよい
▶︎オガ炭だけど、天然備長炭に見える

以下で、メリットをご紹介いたします。

穴なしオガ炭のほうが持ちよい

当社比較で、穴なしオガ炭のほうが、火持ちが良いというデータがあります。レストラン様にとっては、火持ちが良い炭のほうが、経費をなるべく抑える事ができます。

ですが、穴なしオガ炭は、仕入れは同じですが、付加価値を付けて売られている事が多いので、結局の所は仕入れが高くなるという側面があります。

オガ炭だけど、天然備長炭に見える


出典:https://www.sumi-miyabi.jp/SHOP/10001387.html

オガ炭だけど、天然備長炭に見えます。天然備長炭の形は、木本来の形をした炭なので、穴あきのオガ炭は備長炭に見える事があります。

穴なしのオガ炭のデメリット

こちらが、穴なしのオガ炭のデメリットになります。

立ち消えが起こりやすい
値段が少し高い
の二つがあります。

立ち消えが起こりやすい

穴が無く、空気の通り道が無いので、立ち消えが起こりやすいというデメリットがあります。立ち消えとは、炭が調理している途中で消えてしまう事を指します。立ち消えが起これば、レストラン様としても使えないでしょう。

値段が少し高い

備長炭に見えるため、比較的高く値段が設定されています。備長炭を買う感覚で、穴なしのオガ炭を買う人が多いため、企業はそこに目を付けて少し高値で販売しています。

穴ありオガ炭のメリット


穴ありのオガ炭のメリットは、燃焼時間が長く続く事と立ち消えがしない事です。以下では、詳しくご説明いたします。

立ち消えがしない
値段が比較的安い
の二つがあります。この二つをご紹介いたします。

立ち消えがしない


火付けさえしっかりとすれば、立ち消えする事はほぼありません。これは、空気が通る道があるので、中まで火が通るようになります。なので、穴なしに比べ、立ち消えがしにくいです。

値段が比較的安い

穴あきオガ炭を販売する業者が圧倒的に多いので、値段が比較的安く販売されています。ほぼ、同じ炭で比較的安いものが欲しい方は、穴なしの炭をご購入する事をオススメいたします。

穴ありオガ炭のデメリットは一つだけ

穴があるので、穴から炎が出て食材が焦げる場合があります。ほとんどの場合、向きさえちゃんとしておけば問題ありません。

同じ炭をご購入するなら穴あきをオススメいたします


うちも、両方とも取り扱った事があるのですが、お客様からのフィードバックを頂いた結果穴あきのみを販売しています。

もちろん、穴なしもいろいろなメリットがあるのですが、立ち消えが起こると飲食店で使えません。なので、一度サンプルを頼んで両方とも使用する事をオススメします。

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ