オガ備長炭とは?オガ炭や備長炭などの違いも解説します。

オガ炭備長炭、オガ炭備長炭、木炭の違いがわからない。しかし、オガ炭備長炭について詳しく説明しているブログや記事もない。。。

「オガ炭備長炭は偽物!」
「オガ炭備長炭は火が付かない!」
「全然備長炭と違う!」
という声をよく耳にします。

オガ炭備長炭と天然の備長炭は、別物になります。そこで今回は、オガ炭備長炭について知りたい方に向けて、「オガ炭備長炭はどういったもの」なのか説明します。

オガ炭備長炭は、備長炭の製造方法で作ったオガ炭です。


オガ炭備長炭は、備長炭の製造方法で作ったオガ炭です。オガ炭は、おがくずを四角形や六角形の棒状にし、備長炭と同じように焼き上げます。おがくずを固めているので、固さは備長炭に劣りますが、燃焼時間や火の強さは備長炭に劣りません。

おがくずではなく、天然の木を使用し、製造している備長炭とは違います。備長炭で一番有名なのが、和歌山県の紀州で製造された紀州備長炭で、商標登録までされています。

オガ炭の原料はおがくずでエコな炭

オガ炭備長炭の原料は、木を切った時に出るおがくずになります。捨てる予定だったおがくずを使用しているので、備長炭に比べエコな燃料と言われています。

会社によっては、おがくずを他の木をブレンドしたり、1種類だけのおがくずを使っていたりします。

オガ炭備長炭と紀州備長炭の比較表

今回は、表にしてオガ炭備長炭と紀州備長炭を比べてみました。

オガ炭備長炭の特徴

オガ炭備長炭は、備長炭の代替品として使われている商品です。

主な特徴は、
・爆跳が圧倒的に少ない
・安価で、使いやすい
・火が備長炭に比べ付きやすい
・燃焼時間は備長炭に劣らない

今回は、ここの特徴を詳しく説明させて頂きます。

爆跳が圧倒的に少ない

オガ炭備長炭は、爆跳が少なく、炭をお客様の前で提供する場合でも、安心してご使用いただけます。爆跳とは、炭に含まれる水蒸気や湿気により、炭が爆発するように弾けることです。

爆跳が起こると、炭の破片などが顔に当たったり、食材に刺さったりし大変危険です。オガ炭備長炭は、爆跳が圧倒的に少なく安心してご使用いただける商品となっています。

安価で、使いやすい

オガ炭備長炭は、天然備長炭の代替品です。天然備長炭に比べると価格がかなりお手頃になっています。

もともと、捨てる予定だったおがくずを無料もしくは、安価で買い取り製造しているためです。天然備長炭は、木そのもの値段から、木を切る人までといろいろとコストがかかってきます。

オガ炭備長炭は、相場が1250円~2000円程度で安価で買うことができ、最近では手の込んだバーベキューなどにも使用されるようになりました。

オガ炭備長炭は備長炭に比べ火付けしやすい

オガ炭備長炭は、備長炭に比べると比較的火付けがしやすいです。さらに柔らかいものを選べば、もっと火付けがしやすくなります。

ただ、木炭みたいに新聞紙などではなかなかつかないので、専用の火付け器を使用することをおすすめします。

オガ炭備長炭の火のつけ方(BBQ向け)
飲食店用火起こし器 (長持ちするタイプ)
飲食店用火起こし器 (安いタイプ)

灰が圧倒的に少ない


オガ炭備長炭は、ものにもよりますが、当社の製品は灰が出にくい商品となっております。商品によっては、灰がたくさん出る炭もあります。

ですが、飲食店様であればほとんどの炭業者がサンプルを無料で提供してくれるはずなので、各業者に訪ねてみると良いかもしれません。

燃焼時間は備長炭に劣らない


燃焼時間は、当社の商品椿備長炭(オガ炭備長炭)であれば、朝に炭を入れても夕方から夜まで火が持つ商品です。備長炭はもっと持つと言われています。

ですが、1日持てば、飲食店様であっても十分使って頂ける商品です。

硬さは、備長炭よりも柔らかいです!


硬さは、備長炭よりも柔らかく、簡単に折れます。備長炭よりも、火付けがしやすいのはこういった理由の一つです。なので、七輪などの小さい焼き台でも、好きなサイズに折ってお使い頂けます。

硬いタイプのオガ炭備長炭を選ぶと折れにくいですが、燃焼時間が長く、灰が出にくいという特徴もあります。

オガ炭備長炭の商品ページはこちらから


当社は、良質のオガ炭備長炭をオンラインショップで販売しています。飲食店様であれば、サンプル(3kg~4kg)を無料で出すことも可能ですので、是非とも営業担当070-1783-4267のほうに「ブログを見た」とおっしゃってください。

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ