炭を使った後はどうするの?使用済みの炭を再利用する方法とは?

オガ炭を使った後、小さい炭が余ることありませんか?この余った小さい炭は、再利用&再利用することで飲食店様の経費削減することも可能です。

飲食店様であれば、炭から出た灰の捨て方や再利用を一度はご検討したことあるかと思います。

しかし、誤った炭の扱い方をすると火事につながる原因ともなるので、こういった炭を再利用するには正しい知識が必要となります。

では、この記事では炭の再利用や炭から出た灰の再利用&捨て方をわかりやすく説明したいと思います。




余った小さいオガ炭を再利用する


オガ炭は使い終わった後、小さい炭が窯に残っている場合があります。使い終わった炭から灰をとってもらうと小さい炭がコロッと出てきます。

この小さい炭は、火付きがすごく良いので、次、炭を使う時に種火として使う事が可能です。

この種火を保存すれば、使用済みの炭を再利用することができます。

火消しつぼを使いオガ炭を再利用しよう

火消しつぼは、飲食店様やバーベキューをよくする方に欠かせない必需品です。火消し用のツボを使わないと金属が変形したり、容器が燃えて火事になる可能性があります。

必ず、火消用のつぼを使うようにしてください。

火消しつぼの中では、酸素が完全に遮断されます。酸素が遮断されると火の付きようがないので、安全火消しができる仕組みです。

弊社でも、たまに飲食店で火事になったという事例を聞いたりするので、火事を防ぐためにも炭を安全に火消ししてください。




火消しつぼが無い場合は水を使おう!


「火消しつぼが無い」という方は、変形がしにくい容器に水をたっぷり入れてください。水に炭を入れる際は、たくさん入れると水蒸気が熱くなりやけどの原因になります。

ですので、少量ずつ炭を水にいれてください。

火消しする手順① バケツに水を入れる

まずは、バケツに水を入れましょう。念のため余分に水を入れるようにしてください。

火消しする手順② 炭を入れる

NGの例と、正しい炭の入れ方の説明をいたします。

こちらがNGの例です。このような形で炭を入れると、熱々の水が穴から弾け飛びます。

手や顔面を火傷したりする可能性があるので、このような入れ方はしないでください。

炭を水に入れる際は、横に向けて炭を入れるようにしてください。炭を横にして入れれば、穴から水がはじけ飛ぶ可能性が少なくなるので、より安全です。

火消しする手順③ 炭が消えるまで待つ


炭を入れると、こんな感じで炭がゴボゴボ。。。と言います。

5分程度では、炭は消えないので最低でも次の日までは水の中に置いておくようにしてください。

残った炭は、また乾燥させてしまえば種火として使えるようになりますので、是非種火として使って再利用しましょう。

余った炭の保存方法は湿気を含ませないこと

完全に火消しができた炭はそのまま火消しつぼに入れておくか、湿気が少ない所に保存しておく事をオススメします。

場合によっては、乾燥剤などを使い炭を乾燥させておくとベストです。乾燥させないと、爆跳の原因や火が付きにくくなります。

炭から出た灰の捨て方&炭の再利用方法

炭から出た灰の捨て方をここではご説明させて頂きます。




灰の捨て方

炭から出た灰は、産業廃棄物に指定されます。廃棄物処理法では、「事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物を、自らの責任において適正に処理しなければならない。」と言われています。
(廃棄物処理法(以下「法」という)第3条第1項)

セメント原料などのリサイクルにも利用可能らしいので、リサイクル業者に連絡するのがベストです。

もしくは、地域によれば一般ごみとして出せる所もあるみたいなので、地方自治体に連絡してみましょう。

灰の再利用

炭から出た灰は様々な用途として活用できます。一つ目は、農業としての利用です。炭から出た灰は優れた栄養分を含んでいると言われ、栄養のない土地を復活させると言われています。

炭をまいた土地は、野菜の生成を施し味も美味しくなると言われています。

二つ目は、炭を雪を溶かすのに利用しましょう。札幌市では、灰を回収する業者もあるそうです。

ヤフオクでも実際に売っている方がいるそうで、500円ほどになるそうです。一度、出品してみてはいかがでしょうか?

トータルフーズシステムについて

創業昭和39年以来食品販売から、飲食店様にかかわる商品を販売してきました。現在では、炭をメインに多くの飲食店様に炭を卸しています。

飲食店様であれば、サンプルを無料で配送いたしますので是非ともお電話070-1783-4267もしくは弊社が運営するショッピングサイトをご覧ください。

Keywordキーワードで絞り込み

Contact

弊社製品についてのお問い合せ、お見積もり等は
メールまたはお電話、FAXにて受付ております。

お受けしたお問合せにつきましては、原則として1営業日以内にご返答させていただきます。

17:00以降、または土曜・日曜・祝日のお問合せにつきましては、翌営業日以降のご返答となる場合がございますので、
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

  • TEL: 06-6351-7118 受付時間9:00~17:00
  • FAX: 06-6351-5869 24時間受付
メールフォームへ